ハルカゼ舎 日めくりカレンダー2023
只今、予約注文を受け付けています。
人気の日めくり、確実に欲しい方はご予約をおすすめします。
店頭、メール、お電話でお気軽にお申し付けください。
宜しくお願いいたします。


ハルカゼ舎は経堂にある小さな文具店
毎日がほんの少し楽しくなるような
小さなコトバを添えた日めくりカレンダーです。
この日めくりでSEEPの一日も始まります。

サイズ 約50×50×35㎜
価格 ¥1760-(税込)

*入荷の際にはまたお知らせいたします。




<2023カレンダーのラインナップ>
・堀口尚子ieカレンダー
・ハンコのnorioカレンダー
・oshowカレンダー(イベント期間限定)
・ペクハウス動物支援カレンダー
・日めくりカレンダー
以上5種類を予定しています。



A1F5EA45-52B8-4DE6-8C70-0FE3A89D29AA.jpg


dee's magazine vol.6 届いています!
今回もすごい!デザイン、レイアウト、隅々までこだわり抜かれていてクラクラします!
そして、どこから読もうか?迷いながらハマっていきます。


今回はレジカウンターの側面にぶら下げてみました。
ぜひ手に取ってご覧ください。

dee’s magazine vol.06
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
特集「オトナの社会科見学」
-
巻頭コラム「ザ・ギンザ」ながせゆみこ
-
「社会科見学の旅へ出かけよう」
Day_01・桜井真樹子さんに学ぶ「ハイパー能ってなに?」
Day_02・こかじいたかさんに学ぶ「東京「昼酒?!」大衆食堂逍遥」
Day_03・高山かおりさんに学ぶ「国会図書館ってどんなとこ?」
-
ジャイジャイ・すなだみつえ オトナの社会科見学コラム
松島木華 通院日記①
-
人気連載
・「福地由加子のワッペンだより」
・笠井瑠美子の「dee‘s column」
・「ナンカレーとボクと山」
-
新企画
タカギヨウスケ「今夜もそのまま帰れない」
-

今回は社会科見学の「しおり」を包んでみました。
オトナ、を意識して中身が見えないマル秘仕様です!笑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
dee's magazine はグラフィクデザイナー千葉美穂さんが企画、編集、デザイン、発行までをひとりで手がけている噂のフリーマガジンです。


IMG_0127.jpeg

OZ magazine 8月号 大人の夏休み湘南へ
うみちか編集部さんに紹介していただき茅ヶ崎のページに掲載していただきました。ありがとうございます。
SEEPにとっても街にとっても有難い特集です。近くに居てもまだまだ知らないお店がいっぱいありました!掲載されているのはほんの一部です。レンタサイクルで巡ってみると楽しいかも。ちょっと気になるなぁーと思ったら迷わず入ってみてください。そこには素敵な出会いや発見があるはず。
お店はいつも準備万端にしてお客様を待っています。


デザイナー千葉美穂さんが発行しているフリーマガジンdee's magazine vol.5が届きました。今号は「旅」特集です。旅についてのコラムなど、旅感満載!いろんな角度からつまみ読み、楽しいです。欲しい方、ご覧になりたい方はカウンターまでお申し付けください。

お任せで制作してくださる広告欄も楽しみで、今回も広告をお願いしました。旅といえばスタンプ!広告はスタンプになっていました!SEEPのしみこむという意味が表現された素敵なデザインです。そのスタンプをいただいたので、お客様にも押していただけるように店頭にスタンプ台を設置しました。
ご来店の記念にぜひ!お楽しみください。


ペグハウスより動物救護支援カレンダー「2022ねこねこいぬねこカレンダー」の寄付金のご報告がありました。
毎年地道に支援活動を続けているペグハウスには、本当に頭が下がります。
SEEPからご協力いただいたみなさまにも、この場を借りて感謝申し上げます。
カレンダーは更衣室の壁が定位置に!癒しの空間になっています。


以下ペグハウスより

みなさまにご協力いただいたカレンダーの売り上げを
公益財団法人どうぶつ基金、NPO法人ねこけん、高円寺ニャンダラーズの3団体に送金してまいりました。

なんと、昨年より売り上げ数は伸びて、その数276冊! 
それなりの数が飛び立ってくれたのではないかと思います。
まさに、みなさまのおかげです!

金額としては、寄付金でくださった方もあるので総額284,000円
必要経費41,181円を引いた売り上げ金額242,819円。
繰越金を足した243,000円を81,000円ずつ寄付しました。

そんなわけで、みなさまのお力で今回も無事寄付できましたことをご報告いたします。
ご協力くださったみなさま、ほんとにありがとうございました!

ペグハウス


| main | next »